2020年NHK大河ドラマ「麒麟がくる」

2020年NHK大河ドラマ「麒麟がくる」

明智光秀を描いた、長谷川博己主演の大河ドラマ

 

新型コロナウィルス感染拡大の影響で、撮影が延期されていた。

6月30日から撮影再開が決まったが

 

異例の年を越す放送になりそうである

年末に向けてクライマックスを迎える大河ドラマが年を越しての最終回となりそうである。

この事に関して主演長谷川博己は、明智光秀のミステリーのてん末を楽しみに、どうか大らかなお気持ちでお持ちくださいと綴った。

麒麟がくる進行状況は?

NHK大河ドラマ麒麟がくるの進行状況は、美濃でおきた戦で息子からいのちを奪われた斎藤道山

その結果、十兵衛(明智光秀)も命を狙われる事に

 

朝倉家に逃げ込んだ十兵衛は、明智光秀と今川義元の決戦を知る

俗にいう桶狭間の戦いである。

ここから、明智光秀と織田信長の出会い豊臣秀吉との出会いが待ち受けるであろう

麒麟がくる

 

撮影再開で多くの大河ドラマファンが期待をもつ。

しかし放送は年を越すことが決まった

大河ドラマ麒麟がくる