モーニング娘。5期生 紺野あさ美 妊娠と全盛期モーニング娘。

紺野あさ美 モーニング娘。

紺野あさ美元アナ妊娠

モーニング娘。5期の紺野あさ美さん
5期生で加入したのは、高橋愛(当時14歳)・紺野あさ美(当時14歳)・新垣里沙(当時12歳)・小川麻琴(当時13歳)
2001~2006年には卒業した紺野あさ美さん。

モーニング娘。卒業→慶応義塾大学→アナウンサーと進んだ紺野あさ美さん

2022年現在も進化するモーニング娘。

その時代にモーニング娘。が存在する
紺野あさ美さんは、北海道日本ハムファイターズ杉浦選手と結婚

テレビ東京退社。
第一子を2017年
2019年第2子
2021年第3子を出産している。
現在は3児のママ

モーニング娘。不仲伝説安倍なつみは飯田圭織が嫌いだった。
元テレビ東京アナウンサー紺野あさ美さんが、第一子妊娠
夫は、プロ野球ヤクルトの杉浦投手

紺野さんは、元モーニング娘でその後アナウンサーに転身した
元モー娘。で卒業結婚したメンバーはかず多くいるが
紺野さんは、着実に自分の夢をかなえてるように見える

アイドル、モー娘。で活躍、その後アナウンサー転身、スポーツ番組キャスターを得て結婚出産
見た目では、順調そうだが本人はいろいろな努力があったのには違いない。

紺野あさ美現在はYouTubeでも活躍

こんこんちゃんねる /紺野あさ美

テレビ東京を退社しても
今は活躍の場を、SNSやYouTubeに移行できる。

この投稿をInstagramで見る

 

紺野 あさ美 ( Asami Konno )(@asami__k)がシェアした投稿

90年代アイドル初代モー娘。

モーニング娘。現在も活躍する。女性アイドル・ダンスグループ
2014年以降その年の西暦を付けたグループに変わっているが
最近では、本格派ダンスユニットとして活動をしている

そもそも、初期の段階ではここまで、継続するグループとして誰が予測できただろうか?

モーニング娘。と『浅草橋ヤング洋品店』

ナイナイが司会を務めるオーディション番組『ASAYAN』の落選メンバーが集まり、番組の企画ものとして
手売りでCDの売り上げノルマを達成したら CDデビュー出来る所からモー娘。は始まっているガチデビュー
中澤裕子
初代リーダー
石黒彩  (結婚)
飯田圭織
安倍なつみ
福田明日香(引退)

【2期】
保田圭
矢口真里
市井紗耶香

【3期】
後藤真希

【4期】
石川梨華
吉澤ひとみ
辻希美
加護亜依
【5期】
紺野あさ美
高橋愛
新垣里沙
小川麻琴

などが、現在のモー娘。の原型を作ったメンバーだろう
当時プロデューサーのつんく♂さんが、誰からも愛されるネーミングとしてモーニング
という名前、当時のメンバーからはブーイング
ハロプロ=つんく♂プロデュースで始まったモー娘。最初は話題もあり、多少は売れていたが、やはり地味な傾向があった、テレビ番組のコラボでモー娘。と言う認識はあったが
爆発的なヒット曲はなく、一番組の企画として終わる?そんな予感がした

そこで、プロデューサーつんく♂が仕掛けたのが、メンバー増員
2期生に、矢口真里・保田圭・市井紗耶香が加入

ここでも、リーダー中澤裕子の2期生の教育がテーマで番組が進行してきた
センター安倍なつみ独占のモー娘。で進んできた時代だ
この時代でも、特別悪い事はないが、モー娘。が国民的グループと言われる時代ではない

モーニング娘。全盛期序章

再度メンバー増員、メンバーの不満も貯まる中
新たに、つんく♂のメンバー増員オーディション
つんく♂が打ち出している、モー娘。の未来像は?
メンバーが変わってもグループを存続させるグループのブランド化
そんなことが、当時可能か?と思った人も沢山いるはずですが
現在のモー娘。の存続を見れば明らかになってます。

さて3期メンバーですが、数多くの中から選ばれたのは、後藤真希さん!
衝撃的な、デビュー、茶髪で13歳いきなりのセンターデビュー
エース安部なつみともバチバチ? 当時の事を安部は?「何事?と思ったらしい」
当然、リーダ中澤も臨戦態勢
しかし、ふたを開けてみれば
最大のヒット曲誕生 LOVEマシーン
が生まれた。

後藤真希による活性化とPVの華やかな演出など効果的なCM
爆発的なヒットで、国民的なグループになったモーニング娘。
その後も、恋愛レボリューション・恋のダンスサイトが
今まで売れているベスト3になる
そのほかでも。1999年LOVEマシーン発売から

ハッピーサマーウェディング
ザ☆ピ〜ス!
モーニング娘。のひょっこりひょうたん島

2003年までスーパーヒットを並べた
その後も勢いは止まらず、ユニットミニモニなどもモー娘。の勢いは止まらず快進撃続けた。
その後つんく♂さんは咽頭がんになりプロデューサーを卒業した
つんく♂のモー娘。のプロデュースはかなり細かく、繊細にメンバー全員の個性を引き出すものであった。
現在も全盛期メンバーが活躍しているのはうれしい限りで
また現在のモー娘。も頑張ってほしい
つんく♂

ハロプロことハロー!プロジェクトの総合プロデューサーを務めていたつんく♂。過去形となっているのは、書籍『だから、生きる。』(新潮社)にて、本人の告白により、「総合プロデューサーを“卒業”した」という事実が伝えられたからである。今年は咽頭がん手術により、声帯を摘出。同氏の母校・近畿大学の入学式で自ら告白したシーンも、未だ記憶に新しい。

モーニング娘。不仲伝説安倍なつみは飯田圭織が嫌いだった。
モー娘。安倍なつみ 飯田圭織と仲悪かった 元モーニング娘。安倍なつみが飯田圭織と不仲だった事を告白 国民的アイドルまで上り詰めたモーニング娘。 オーディション番組から集まったメンバー 安倍なつみ、飯田圭織、石黒彩、中澤裕子、福田明日...

モーニング娘。全盛期

進化するモーニング娘。はその年が全盛期
つんく♂がモーニング娘。結成時

モーニング娘。は人が入れ替わり進化、継続すると言っていた

現在も進化するモーニング娘。

タイトルとURLをコピーしました