爆笑問題田中裕二救急搬送

お笑い芸人、爆笑問題田中裕二がくも膜下出血、脳梗塞で救急搬送されたことが分かった

午前2時ごろ、田中裕二の妻山口もえから、救急搬送された事の連絡を受けた

太田光代社長

 

山口もえの動揺は大きく、命の危険も?

幸い切れた血管が固まって手術の必要はなく搬送先で処置を受けた

 

くも膜下出血の後遺症は?

お笑い芸人として司会など多くの仕事をこなす爆笑問題田中裕二

くも膜下出血による後遺症が心配である。

くも膜下出血で言葉がうまく話せないなど芸人としては致命的な後遺症もある。

くも膜下出血ってどんな病気?
脳を覆っているくも膜と脳の間は脳脊髄液があり「くも膜下腔(くもまくかくう)」と呼ばれ、その中を脳血管が走っています。くも膜下出血とは何らかの原因でこのくも膜下腔に出血した病態の総称をいいます。脳卒中全体の死亡率は年々減少してきましたが、くも膜下出血の発症数や死亡数は殆ど変化がありません。年間2万人程度の人が発症します。

現在田中裕二は普通に会話する事が出来ていると言う

太田光代社長は命に別状なくとも1か月ほど仕事は休ませる方針を打ち出した

光代社長は病名が怖いと本音を漏らす

 

新型コロナウィルス感染から回復した田中裕二を

再び衝撃的なくも膜下出血で搬送された、くも膜下出血、脳梗塞の後遺症がないことを祈りたい。

爆笑問題田中裕二退院

前大脳動脈解離によるくも膜下出血で倒れ救急搬送されていた、爆笑問題田中裕二が退院

田中裕二は、コメントを掲載

「この度は、お騒がせして申し訳ございません。妻の判断と医療関係者の迅速かつ適切な対応により、現在体調も良く、安定した状態に戻っておりますが、大事をとって1カ月ほどの休養をとらせていただきます。今後は、担当の先生と社長とが話し合い、その結果の指示のもと、復帰に向けて体調を整えてまいります」と伝えた。