ワールドカップ 日本代表 スペインに勝利 決勝トーナメントへ

ワールドカップカタール大会
日本代表はドイツに勝利、コスタリカに敗戦
最終戦のスペインに勝てば決勝となっていた。
前半にスペインに先制されるが後半に堂安律(24)の同点弾、田中碧(24)の勝ち越しゴールでドイツ戦に続く逆転勝利を飾った。

ドイツ、スペイン相手に2つの大金星を挙げた日本代表
決勝トーナメント進出で史上初のベスト8をかけてクロアチアと対戦。

先発は1トップで前田大然(25)。MFは伊東純也(29)、田中碧(24)、鎌田大地(26)、守田英正(27)、久保建英(21)。DF谷口彰悟(31)、吉田麻也(34)、板倉滉(25)、長友佑都(36)。GKは権田修一(33)。今大会で初めて3-4-2-1と3バックでのスタートとなった。

関連