映画 シン・ウルトラマン 公開せまる デザインコンセプトはウルトラQ

シン・ウルトラマン シン・ウルトラマン

映画 シン・ウルトラマン

映画シン・ウルトラマンが公開間近となった。
日本を代表するウルトラマンが映画化。

通常版とは違ったウルトラマン。ウルトラマンの代名詞カラータイマーがないウルトラマンが登場。

昭和、平成、令和とシリーズが続くウルトラマン。
今回のシン・ウルトラマンは初代ウルトラマンがモチーフ。
公開は2022年5月13日映画公開。

シン・ウルトラマンストーリー

空想特撮映画シン・ウルトラマン

巨大不明生物が現れる日本。
兵器が全く役に立たづ限界を迎える

その時日本政府は?禍威獣対策のスペシャリストを集結
巨大不明生物に対抗すべく任務を行っていた。

怪獣が迫る中、現れたのは銀色の巨人
ここでは大気圏からウルトラマンが現れる

設立された防災庁の専従組織、禍特対(カトクタイ)。彼らが、どのように危機と立ち向かうのか
主演は斎藤工。

斎藤工がウルトラマンに変身する。
分析官に長澤まさみが登場。

ウルトラマンがシン・ウルトラマンとなりどんなリアルなウルトラマンを観せてくれるのか?
現実に怪獣などが現れたら?
そんな空想をさせるシン・ウルトラマン

シン・ウルトラマンは、ウルトラマン、ウルトラセブンやウルトラQ
がコンセプト。

初代ウルトラマンやウルトラセブンなどのデザインがコンセプト。テレビで観るこちができない
ウルトラマンが登場する。

シン・ウルトラマン公開迫る

シン・ウルトラマンの公開が迫ってきた
本作の写真などが公開

次々と巨大不明生物【禍威獣(カイジュウ)】があらわれ、その存在が日常となった日本。 通常兵器は全く役に立たず、限界を迎える日本政府は、禍威獣対策のスペシャリストを集結し、【禍威獣特設対策室】通称【禍特対(カトクタイ)】を設立。 班長・田村君男(西島秀俊)、作戦立案担当官・神永新二(斎藤工)、非粒子物理学者・滝 明久(有岡大貴)、汎用生物学者・船縁由美(早見あかり)が選ばれ、任務に当たっていた。 禍威獣の危機がせまる中、大気圏外から突如あらわれた銀色の巨人。 禍特対には、巨人対策のために分析官・浅見弘子(長澤まさみ)が新たに配属され、神永とバディを組むことに。 浅見による報告書に書かれていたのは・・・【ウルトラマン(仮称)、正体不明】。

鬼滅の刃 刀鍛冶の里編 PVが公開された!放送開始日は?

タイトルとURLをコピーしました