2022年ドラマ木村拓哉の2年半ぶりの連ドラ『未来への10カウント』視聴率は?

木村拓哉主演未来への10カウント 2022年ドラマ

木村拓哉の2年半ぶりの連ドラ『未来への10カウント』

木村拓哉主演未来へ10カウント。
木村拓哉と言えば視聴率男であるのは承知の通り。高視聴率男木村拓哉。

2019年の『グランメゾン東京』
2018年の『BG~身辺警護人~』

2022年2年振りに連ドラに木村拓哉が帰って来た

高校時代ボクシング4冠の実績を持つ桐沢祥吾(木村拓哉)
今ではピザのデリバリーで働くアルバイト。
その桐沢が母校のボクシング部にコーチで働くところからドラマは始まる。

人生を後ろ向きに歩く桐沢。
桐沢になにがあったのかは3話で衝撃の事実が分かる。

その桐沢が、生徒やボクシング部と関わる事で人生が一転するそんなストーリー展開。
ドラマ内容は分かりやすく見ていて続きがみたくなるドラマストーリーである。

未来への10カウントキャスト

未来への10カウントキャスト

未来への10カウントキャスト

画像出典元
未来への10カウント


木村拓哉
満島ひかり

内田有紀

安田顕
髙橋海人(King & Prince)

山田杏奈
村上虹郎
坂東龍汰

滝沢カレン

『未来への10カウント』ストーリー

水野あかり(山田杏奈)の家庭の事実を救った桐沢だが、次なる課題京明高校に勝つ事
勝たなければ桐沢は首となる。

無事コーチを始めた桐沢だが、学生時代の後輩でマネージャーが校長に。
内田有紀演じる麻琴が桐沢を毛嫌いする。

ボクシング部を廃部にしたい麻琴とボクシング部顧問折原(満島ひかり)が対立する。
そんな桐沢だが、ボクシング部でいざこざが発生する。

マネージャーを巡った恋の争いが勃発。

未来への10カウント視聴率

初回放送
2022年4月14日
1話
11.8%
2話10.5%
最新回視聴率
10.5 %

タイトルとURLをコピーしました