今田美桜主演 花咲舞が黙ってない 半沢直樹登場

今田美桜主演 花咲舞が黙ってない 第二章幕開けに半沢直樹登場

「花咲舞が黙ってない」第5話:半沢直樹の登場と新たな展開
あらすじ
ドラマ『花咲舞が黙ってない』は、銀行を舞台にした痛快なエンターテインメント作品です。主人公の花咲舞は、不正を見て見ぬふりできない立場から立ち上がる姿が描かれています。前作のドラマは杏さんが主演を務め、大ヒットしました。今回のドラマは、原作小説『花咲舞が黙ってない』をもとに、今田美桜さんが花咲舞役、山本耕史さんが相馬健役で新たな物語を織り交ぜています。

第5話のポイント

第5話では、舞と相馬が山あいの温泉地にある眠山支店を訪れ、老舗旅館「白鷺亭」の改築費用融資について相談を受けます。しかし、支店長の前浜は融資に慎重で、この街に未来がないと言ってしまいます。そこで、舞と相馬は旅館の問題点をチェックし、料理部門の人手不足が判明します。さらに、舞たちは思いがけない人物の姿を目撃し、銀行を揺るがす大きな出来事が動き出そうとしていることを知ります。

そして、合併話が進んでいる産業中央銀行には「半沢直樹」という人物がいることが分かっています。半沢直樹は、作家・池井戸潤が生み出した人気キャラクターで、銀行マンとしてさまざまな汚職や事件に立ち向かう姿が描かれています。どのように登場するのか、誰が演じるのかはドラマ本編で明らかになる

「花咲舞が黙ってない」の続編女優の今田美桜花咲よ、風になれ!