新田真剣佑、事務所を退社海外進出

新田真剣佑 俳優

新田真剣佑事務所退社

人気若手俳優新田真剣佑が事務所を対処する事がわかった。

所属事務所を2021年4月で円満退社が決まった。

新田真剣佑は、海外進出する事が決まった。

日本での活動は休止となる。

早くも海外での撮影が5月から始まる。

 

最近では若手俳優の海外進出が多く見受けれるが、新田真剣佑の父千葉真一も世界的に活躍している

サニー千葉としては海外でも有名な俳優

父千葉真一の影響も大きいとみられる

 

第一線で活躍する人気若手俳優が、夢を現実にするため、海を渡る決断をした。  関係者によると、新田が来年5月に海外で撮影される映画に出演することが決定した。コロナ禍の影響で撮影スケジュールの変更も想定されるが、「新田さんが、この撮影を優先するために日本の俳優活動を休止したいと申し出たそうです」と関係者は明かした。

新田真剣佑海外進出

ハリウッドのあるロサンゼルスの街で育った新田真剣佑

2014年から日本で活躍

多くの映画などに出演している

控える映画は「ブレイブ―群青戦記―」(来年3月12日公開)

名も無き世界のエンドロール(来年1月29日公開)

「るろうに剣心 最終章 The Final」(来年4月23日公開)

 

 15年には米映画「Take a Chance」に主演し、米映画「パシフィック・リム:アップライジング」(18年)で重要な役どころを熱演した。歌手としても、グラミー賞に輝いた3人組ユニット「ザ・チェインスモーカーズ」の代表曲「クローサー」を史上初のオフィシャルカバー。日本語と堪能な英語を駆使した美声にも注目が集まるなど、多彩な才能を発揮した。

タイトルとURLをコピーしました