深田恭子 ドラマ降板 適応障害で芸能活動休止

深田恭子芸能活動休止 女優

深田恭子適応障害で芸能活動休止

女優深田恭子が、芸能活動休止
フジテレビのドラマ降板となった。

深田恭子の事務所からの報告では、2020年春ごろから体調を崩していた深田恭子。
診断の結果適応障害と診断。

芸能活動休止の発表となった。

私ども所属の女優 深田恭子ですが、昨年春ごろから体調を崩しがちとなり、今月に入り医師より「適応障害」と診断されました。これにより当面の間 治療を優先し、お仕事をお休みさせていただきます。これに伴い、予定されていた7月期のフジテレビ連続ドラマを降板することになりました。関係者の皆様には大変なご迷惑をおかけすることを心からお詫び申し上げるとともに、私どもとしましても、深田恭子をできる限りサポートしてゆきたいと存じます。  株式会社 ホリプロ

神様、もう少しだけのドラマでの金城武との共演当時の問題作に挑んだ。
大ヒットドラマとなり走り続けて来た深田恭子。
2021年もドラマ、映画などの予定が。ドラマは降板となりそうである。

イベントの深田恭子に疲れが見える、痩せ方が気になるなどのコメントも多かった。

適応障害とは?

コロナ禍の中の被害者か?

適応障害については厚生労働省によりますと、「ある特定の状況や出来事が、その人にとってとてもつらく、耐えがたく感じられ、そのために気分や行動面に症状が現れるもの。ストレスとなる状況や出来事がはっきりしているので、その原因から離れると症状は次第に改善する」ということです。

連続ドラマ「推しの王子様」降板代役は比嘉愛未

「推しの王子様」ドラマ降板の代役は比嘉愛未となった。
急遽代役となった比嘉愛未はやるしかないと言う。
主演予定だったフジテレビ7月期の連続ドラマ「推しの王子様」(木曜後10・00)の代役を女優比嘉愛未

女優深田恭子芸能活動再開をInstagramで報告

タイトルとURLをコピーしました