清原和博、執行猶予満了

甲子園、プロ野球西武、ジャイアンツなどで活躍した

清原和博氏が、覚せい剤取締法違反で逮捕されたのは2016年
清原和博ファン、野球ファンに大きな衝撃を与えた。

引退後も破天荒さを見せていた、清原和博であったが清原和博ファンは多かった
それゆえの衝撃であった。

その清原和博が薬物依存症の著書を出版の報告と
執行猶予満了を報告した。

清原和博

新型コロナ・ウイルスによって社会全体、多くの方々が苦しんでおられる中、私事で恐縮ですが、ひとつご報告をさせていただきます。私、清原和博は本日6月15日をもちまして、覚せい剤取締法違反に対する、懲役2年6カ月、執行猶予4年を満了することとなりました。私を支えてくださっていた野球ファンの皆様、野球関係者の皆様、報道関係者の皆様、私に個人的に関わっていただいた皆様に、多大なるご心配をおかけしましたことを、あらめてお詫び申しあげます」

薬物で逮捕された人の、再犯率は多く多くの芸能人などが再犯で逮捕されている
清原和博は、4年間でどのように自身が変われたのかの、実感や自信は持てないが
自分の行為を悔いる日々の中多くの人にの力によって生かされている自分に気づいたと言う

清原和博は、今後の人生を薬物依存症で苦しむ人達にメッセージを送る
野球に捧げる人生を選択
高校野球の監督を目指す事を目標に挙げた。

執行猶予期間中の19年11月30日に、神宮球場での「WorldTryout2019」に参加し、投手交代や選手への助言、MVP選定などを行い“監督デビュー”した

清原和博、ダウンタウンに謝罪

清原和博はダウンタウンの番組、ダウンタウンなうに2016年出演

その時に、薬物疑惑をかけられてる自身の事を身の潔白と語った
清原和博は松本人志の目を見ながら、本当にやっていないと言った
その事を松本人志は清原和博を信じるた。

しかし現実は、覚せい剤取締法違反で逮捕となった。
松本人志は怒りを表し許せないとコメント

元プロ野球選手でタレントの清原和博容疑者が覚せい剤で逮捕されたことを受け、「いろんな人がいろんなことを言ってるけど、僕はシンプルで、やっぱり嫌いかな、清原さん、嫌い。良くない」と、心境を語った。

その嘘が、我々、スタッフ、視聴者に対してバカにしてる
この罪は覚せい剤より重いと発言で話題をよんだ。

その清原和博が、同番組出演の坂上忍宛てに謝罪文をだした。
坂上忍司会のバイキングで薬物依存症の本と謝罪の「本当に申し訳ございませんでした」と書いてあったと言う。
ダウンタウンにも同様の謝罪があった。

清原和博いまだに戦う?