コロナ感染麒麟の川島 ラビット欠席でどうなった?

お笑い芸人麒麟 川島 川島明

麒麟川島コロナ感染

1月31日新型コロナウィルス感染が明らかになった
TBS情報番組ラビットMCの麒麟川島

ラビットを欠席。
同じくMCの田村真子アナウンサーも新型コロナウィルス感染していた。

代役アナウンサーは、日比麻音子がお知らせとMCの欠席を発表した。

番組冒頭、“代役”日比麻音子アナウンサーが「まずはお知らせです」とし、「昨日の夜、川島さんが喉に違和感があるとPCR検査を受けたところ、陽性となりました。また、昨日お休みしていたTBS田村アナウンサーもPCR検査の結果、陽性をなりました。2人とも発熱はなく、自宅での療養となります。しばらくお休みをちょうだいいたします」と説明した。

代役MCはアインシュタイン河井

代役MCに抜擢されたのは、お笑いコンビのアインシュタインの河井ゆずる
急遽の抜擢で緊張感もあると恐縮しながらのスタートであった。

川島は31日、仕事終わりに喉に少し違和感があったためPCR検査を行ったところ陽性だと診断されたとし、自身のツイッターで「今日よりしばらく全ての仕事をお休みさせて頂きます。各所にご迷惑をおかけします、大変に申し訳ございません」と報告。ついに番組の絶対的な顔でもある川島も長期離脱となってしまった。

菅田将暉 オールナイトニッポン卒業報道

タイトルとURLをコピーしました