90年代ドラマ名作 101回目のプロポーズ 浅野温子の相手役。

101回目のプロポーズ 101回目のプロポーズ

90年代ドラマ名作 101回目のプロポーズ

90年代はトレンディドラマの全盛期。
トレンディ女優が登場。浅野温子や、浅野ゆう子などはそのトレンディドラマの最前線であった。
最終回には36%を超えた視聴率。

ドラマ最盛期の90年代

101回目のプロポーズ

画像出典元
101回目のプロポーズ

陽キャラを演じて来た浅野温子が恋愛に臆病な女性を演じた101回目のプロポーズ。
なぜ恋愛に臆病になったのか?

浅野温子演じる矢吹 薫。
チエリスト役の浅野温子。
結婚式当日に結婚相手は、事故死した過去を持つ。
強引なお見合いで達郎と出会う事になる。

運命はここからスタートする。
浅野温子の妹役に田中律子。

浅野温子の相手役

浅野温子演じる矢吹 薫の相手役が、武田鉄矢演じる、星野達郎

星野達郎は係長と出世は出来てない。何度もお見合いをするがその風貌で全て失敗
その数はドラマで99回

この配役はトレンディドラマでは、美男美女が定番であった。
この武田鉄矢起用が101回目のプロポーズを大ヒットさせてしまう。

恋愛に不器用な達郎が、薫の心を動かしていく。
ドラマのラストシーン(6話)の僕は死にましぇんは、武田鉄矢出身の博多弁を採用された、迫真の演技であった。

出演者
浅野温子
武田鉄矢

江口洋介
田中律子

竹内力
石田ゆり子

石田ゆり子101回目のプロポーズ

画像出典元
101回目のプロポーズ

長谷川初範

ドラマ主題歌CHAGE&ASKAのSAY YES

ドラマの主題歌のCHAGE&ASKAのSAY YES(セイ・イエス)はメガヒット。累計282.2万枚を売り上げた。

1991年101回目のプロポーズ
1話運命のお見合い
2話一生に一度の賭け

3話僕が幸せにします
4話愛が動く時
5話愛のない結婚できますか?

6話婚約
7話まさかあの人が
8話悲しき婚約指輪

9話婚約者を取り返せ
10話僕はあきらめない
11話愛の女神よ!
最終話SAY YES

101回目のプロポーズは2003年には中国韓国で合作映画も公開
武田鉄矢本人も出演している。

韓国などでもリメイクされた101回目のプロポーズ

1991年ドラマで一番ヒットしたドラマは101回目のプロポーズ
東京ラブストーリーなどを押さえて1位となっている。

中森明菜と安田成美90年トレンディードラマ 素顔のままで
中森明菜と安田成美が90年代に演じた名作ドラマ最高視聴率は30%越え

中森明菜と安田成美90年トレンディードラマ 素顔のままで

タイトルとURLをコピーしました