ビートたけし再婚報道新・情報7days ニュースキャスターで結婚認めた。

ビートたけし 芸能人



ビートたけし再婚

お笑い界のビック3事ビートたけしが再婚

前夫人幹子さんと離婚、事務所退社

を得て8年間交際してきたマネージャーと結婚となった。

1980年漫才ブームから現在まで、お笑い界のトップ

数多くの名物番組を付くて来た重鎮ビートたけし

映画監督でも才能を開花させ映画『HANA-BI』が、第54回ヴェネツィア国際映画祭で日本作品として40年ぶりとなる金獅子賞を受賞

 

離婚後は、再婚の意思は見せなかったビートたけし

大きな決断をしたと報道された。

芸能界の歴史でも最高齢クラスの結婚となる。昭和では俳優の上原謙さんが66歳で結婚、平成ではタレント加藤茶(76)が68歳で再婚したことが有名だが、たけしの73歳はそれをも上回る年齢だ。スポーツ界では、ソフトバンクホークスの王貞治会長(79)が18年に78歳で再婚している。ともに「世界のキタノ」「世界の王」と呼ばれ日本を代表する人物。強烈な個性を放ってきた2人は、年を重ねても自分らしい生き方を貫いている。

ビートたけしはそれまで、再婚したマネージャーが愛人と呼ばれる事に

困るんだよと笑わせて見せた。



新・情報7days ニュースキャスターで結婚認める

自身がMCを務める新・情報7days ニュースキャスターで安住紳一郎と冒頭のトークで結婚を認めた。

ビートたけしの兄、姉から『ちゃんとしなさい』と言われたビートたけし

目標は所ジョージ夫婦と答えた。

「オレも黙っていたんだけれど、兄貴とか姉ちゃんに『ちゃんとしなさい』って怒られて。あんたはそういうところがダメなんだ。あの子はすごいいい人なんだから。お前みたいなやつと一緒になってくれる人なんていないんだよと散々怒られまして」などと話し、結婚を認め「目指すは所(ジョージ)の夫妻。あれくらい幸せになりたいな」と“再婚生活の夢”を語った。

 

 

タイトルとURLをコピーしました