貴乃花覚悟を決めた行動か?

日馬富士の貴ノ岩に対する暴行事件は毎日のように報道されている
モンゴル出身力士ら10人ほどが飲食店に集まり、懇親会を開催。白鵬(32)、
鶴竜(32)、日馬富士(33)の3横綱のほか、照ノ富士(25)、貴ノ岩(27)
の席で起こった出来事
日馬富士は、ビール瓶で殴打

リモコンで殴打

平手です50発殴打など

ビール瓶で殴打してないと言う日馬富士
別の同席者は、ビール瓶ではなく灰皿で殴打したなど
情報は情報は定かではないが、日馬富士が貴ノ岩を殴打、暴行に至ったのは事実

モンゴル出身だがあまりモンゴル力士との付き合いをしないと言う貴ノ岩
その貴ノ岩に説教を始めた結果の暴行事件

「日馬富士はビール瓶で殴打し、殴られた貴ノ岩は頭蓋底骨折で髄液漏の疑い」ということが伝わり、日馬富士は廃業必至

スポンサーリンク

 

「貴ノ岩はふだんから、モンゴル力士とのつきあいをあまりしていない。なぜなら師匠の貴乃花親方(45)から『現役でいるうちは、場所中も巡業中も、他の力士とつるむな。相撲は真剣勝負だから、ふだんからなれ合いはいけない』と教えられ、親方に心酔する貴ノ岩は、それを守っていたんです」

診断書の不可解

頭蓋底骨折で髄液漏
貴ノ岩重症説
診断書もまた不可解
診断書もまた二転三転とする
暴行から4日後の10月29日、貴乃花親方は巡業先の広島県福山市から鳥取県に舞い戻り、
鳥取県警に被害届を出した

貴ノ岩、貴乃花親方も
相撲協会に協力してない状況で
真実は見えてこない

真実とは何か

相撲協会では
2度とあのような事件を起こしてはならないと言う風潮がある
それは、弟子の可愛がりで
死亡事件発生
このような事を2度と起こしてはいけないと願う貴ノ花の
厳しい制裁なのか?

スポンサーリンク